Top

女性の心を支え合うゆるやかなコミュニティ
by prayandhope
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
こころのごはん 詩篇103:1-2
わがたましいよ。主をほめたたえよ。
私のうちにあるすべてのものよ。
聖なる御名をほめたたえよ。
わがたましいよ。主をほめたたえよ。
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。

(詩編103章1、2節)

Praise Yahweh , my soul !
All that is within me, praise his holy name !
Praise Yahweh, my soul , and don't forget all his benefits.


ダビデが自分のsoulに言い聞かせているこの祈りが、
日々、自分には必要だと思わされています。
いやな思いをしたことはいつまでも覚えているのに、
主がよくしてくださったことについては、
なんと忘れやすいものか。
このみことばを人間に与えてくださった神さまは、
人間の愚かさを本当によくご存知なのですね。
「わがたましいよ、主をほめたたえよ」
シンプルなこのフレーズを、
自分に言い聞かせるようにして、
何度も何度も告白してみてください。
やがてその心が、
自分を離れ、
主に向かっていることに気付きませんか?
ハレルヤ!
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:44 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん イザヤ書40:8
草は枯れ、花はしぼむ。
だが、私たちの神のことばは永遠に立つ。

(イザヤ書40章8節)


The grass withers, the flower fades,
but the word of our God stands forever.


e0162223_23414586.jpg祈り


私たちの神、あなたの名前を賛美します。
あなたは私たち一人一人をだれよりもよく知っておられ、
身を傾けて祈りを聞いておられることを感謝します。

あなたのことばは私たちのものです。
あなたのことばは人のことばとは違います。
あなたのことばは神のことばです。
あなたのことばは力があり、生きて働くことばです。
その力あることばを日々与えてくださりありがとうございます

あなたのことばとともに、
日々歩んでいきます。
あなたが私たちを離れず、ともにおられることを確信します。
あなたのことばはあなたそのものだからです。
そして、
あなたのことばは永遠に変わることのないものです。
永遠に変わることのないものとともにある人生を心から感謝します。

あなたのことばとともにある平安を、
どうか今、
暗闇の中にいる方々に手渡すことができますように。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:41 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん マタイの福音書6:33-34
だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。
だから、あすのための心配は無用です。
あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、十分あります。

(マタイの福音書6章33〜34節)



Therefore do not worry about tomorrow,
for tomorrow will worry about its own things,
Sufficient for the day is its own trouble.



労苦は英語でトラブルなんですね。

「心配」は人生を襲う一大勢力です。
私たちは心配と戦うことをやめましょう。
心配が襲ってきたら、心の方向をくるりと転換すること。
それはもちろん、神さまの方向に。これが心配から離れる秘訣です。

心配とは心の方向性が明日のこと、もっと明日のこと、
と際限なく先のことへとつながっていく勢いを持っています。
心配というのは、私たちの心を消耗し、
また、周りの人も消耗させます。
心配とは驚くほど積極的な想像力を持っています。
それはどんどん否定的な考えをふくらませる力を持っています。
そんなものとつき合う必要はないのです。

心配は私とは何の関係のないものだ、
と祈りの中で宣言しましょう。
私はいっさいの心配を拒絶する、と宣言するのです。

キリストを見る。
イエスさまを真似して水の上を歩こうとしたペテロが沈んだ話を思い出してください。
前にいるイエスさまを見ているうちは歩けたのに、
横から吹いてくる風を見たとたん、
恐れがわいて沈みかけましたよね。

でも、そんなときですら、
イエスさまはちゃんと手をさしのべて助けてくれました。

ペテロに言いました。
「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか」と。

心配を見ず、キリストを見る。
最後まで、徹底して見る。
信仰はあるのだけど、私たちはときどき信仰が小さすぎるのですね。

信頼しましょう、もっともっとイエスさまを。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:40 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん 詩篇119:32
私はあなたの仰せの道を走ります。
あなたが、私の心を広くしてくださるからです。

(詩編119章32節)


I run in the path of your commands、
for you have set my heart free.


不思議な体験をしました。
心があることにとらわれて、どうしても安心できない。
祈ってもだめ、祈ってもらってもだめ、
しばらくするとまたぐらぐらし始める。
そんなとき、このみことばの英文が書かれたカードが目につき、
その日、一日中、それを持って外出しました。
電車の中でも、英文を心の中で暗唱し、
やがてすらすら言えるようになったとき、
ああ、本当だ。freeなんだ、と思えてきました。
英語にするとシンプルな表現になるせいか、
すとん、と心に落ちたのかもしれませんね。
ときどき、英語でも書いてみます。
(英語の練習をかねて・・・)
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:39 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん ヤコブの手紙5:13

あなたがたのうちに苦しんでいる人がいますか。
その人は祈りなさい。
喜んでいる人がいますか。
その人は賛美しなさい。

(ヤコブの手紙5章13節)



苦しいと、祈ることさえ億劫になってしまいます。
悩みがあると、心が押しつぶされそうになります。
でも、聖書は言います。
苦しんでいるんだね、それだったら祈ってごらんと。
苦しいと、ことばで祈ることもできなくなります。
でも、そこでただただうなっていくとき、
神さまが広い場所に連れて行ってくれます。
神さまは愛なんだ、
神さまに信頼しよう、
なぜなら神のなさることはすべて時にかなって美しいのだから、
神さまにここまでついてきたことは、
すべてに意味があり、何ひとつ無駄ではないのだから。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:38 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん イザヤ書56:7-9
主に帰れ。
そうすれば、主はあわれんでくださる。

わたしの思いは、
あなたがたの思いと異なり、
わたしの道は、
あなたがたの道と異なるからだ。

主の御告げ。

天が地よりも高いように、
わたしの道は、
あなたがたの道よりも高く。
わたしの思いは、
あなたがたの思いよりも高い。

(イザヤ書56章7〜9節)



e0162223_23363675.jpg祈り


主は私たちの思いを越えてはるかに高く、
すべてを与えられる方であることを感謝します。

私たちの心はすぐに目の前のことにとらわれて
右往左往するものです。
どうか、自分の悟りによらず、
自分の考えによらず、
全面的にただみことばに従っていくことができるようにしてください。
みことばが何を示しているのか、
理解し、行う力を与えてください。

あなたを信頼します。
あなたはよい方です。
あなたは私の羊飼いです。
私は乏しいことがない、と言われている通りです。

どうか信仰の地境を広げてください。
どうしても自分をかばって手放せないところこそ、
聖霊の力によって
手放すことができますように。
主を心から礼拝するものに変えてください。

あなたを信頼すると大胆に口で告白します。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:35 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん マタイの福音書6:33-34
だから、
神の国とその義とをまず第一に求めなさい。
そうすれば、
それに加えて、
これらのものはすべて与えられます。

だから、
あすのための心配は無用です。
あすのことはあすが心配します。
労苦はその日その日に、
十分あります。

(マタイの福音書6章33〜34節)



心配しなくてもいいよ
と言われても、やはり心配してしまうものですよね。
私たちの心が心配でいっぱいになる一番は
やはり自分の経済のことだと思います。
要するにお金です。
もうひとつは家族の問題。

私もお金の問題には弱いなあ
と思うことがあります。
つい、大丈夫かな、と先取りの心配をしてしまう。
でも、いくつもいくつも訓練を経て、
ちゃんとここまで豊かに暮らせてきたことが確信につながっています。
また、とくに年輩者の生き様から
お金に対する信仰の姿勢に触れさせていただき
みことばにある通り
その方々が豊かな晩年を過ごしておられるの見るにつけ
みことばの確かさを実感させられます。

豊か、という意味には
実際にお金が豊かにあることも意味するでしょうが
自分が豊かであると神さまによって感じさせてもらえる
ということの方が大きいと思います。

あすのことはあすが心配する。

ああ、そうか、と思います。

祈りの中で
「神の国とその義とをまず第一に求めなさい」
と口ずさむと
あわだっていた気持ちが
すーっとしずまるのを感じます。

これからも幾度となく
このみことばを口ずさんで豊かに歩みたいですね。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:34 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん 箴言3:6
心を尽くして主により頼め。
自分の悟りに頼るな。
あなたの行くところどこにおいても主を認めよ。
そうすれば、
主はあなたの道をまっすぐにされる。

(箴言3章6節)


ここで言われている「より頼む」とは、
自分の力をすべて抜いてしまうこと。
相手を全面的に信頼していなければ、
全存在を預けることはできないものだと思わされます。
よろしく、と自分の心や悩みを神さまに預けて、
そうして「主を認める」。
これは神さまと親しく交わるということ。
親しく交わるには、
やはり時間をとる必要がありますよね。
なにしろ「どこにおいても」主と親しく交わりなさい、
と言われているのですから。

少し時間をとって、
神さまと会話をするように祈り、
そしてみことばにじっくり聞いていきたい。
2月に入り、新しいことを始める前に思います。

まっすぐな道。
右にも左にもそれず、
みことばをにぎりしめて
イエスさまの後をついていきたいものです。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:33 | こころのごはん(更新中)
こころのごはん イザヤ書40:31
しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、 
ワシのようにつばさをかって上ることができる。
走ってもたゆまず、
歩いても疲れない。

(イザヤ書40:31)


祈り

私はあなたを待ち望みます。
私は心からあなたを待ち望みます。
信仰の口を大きく開けます。
どうぞ、あなたご自身がわたしのいちばん渇いたところに、
その生ける水をあふれんばかりに注いでください。
私は渇いています。
私はあなたそのものを待ち望んでいます。
今、あなたの臨在をこの祈りの場にあらわしてください。
私はあなたが私を離れず、いつもともにおられることを知っています。
今、いよいよあなたをあらわしてください。
私はあなたによって新しい力を与えられます。
心からあなたの御名をほめたたえます。
[PR]
by prayandhope | 2012-09-26 23:30 | こころのごはん(更新中)


カテゴリ
集会ご案内
主宰:石川葉子

女性たちの心の安全地帯
をめざして。
ゆるやかにつながり、
祈り、支え合う、
友だちプロジェクト。

定期集会は、月に一度、木曜日の午後。

日程の問い合わせ
☎03-3619-0195
墨田聖書教会
(石川葉子)

  メールはこちらから
e0165236_21523684.jpg

検索
記事ランキング
ライフログ
人気ジャンル
最新の記事
以前の記事
画像一覧