Top

女性の心を支え合うゆるやかなコミュニティ
by prayandhope
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
祈りのピクニック開催のお知らせ(2008/11/22)
今週の土曜日、「祈りのピクニック」という集まりを開きます。聖書の学びと祈りの後は、ピクニックさながらランチをいただきながら楽しく分かち合いをする予定です。すでに定員に達しましたが、ご希望の方はご相談下さい。




シリーズ : 祈りのピクニック「女性のための祈り会」


「求めなさい。そうすれば受けるのです。それはあなたがたの喜びが満ち満ちたものとなるためです」
(ヨハネ の福音書16:24)


8月の女性集会では大勢の方が神さまの愛に満たされました。フォローアップの集いを求める 声をいただき今回の会が実現しました。「使徒の働き」の時代から、集まって心を合わせて祈る場所に神さまはご臨在を豊かに現してくださいます。祈りを持つ前に、聖霊に満たされることの重要性を数人の証しやみことばから学んでいく予定です。


●日時 2008年11月22日(土) 

10:30〜13:00  集会
13:00〜15:00 ランチ交わり会 (自由参加。昼食持参。)

●場所 久遠キリスト教会 (JR阿佐ヶ谷駅下車、徒歩8分)

〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北 2-25-8 http://www.kuon.or.jp/

●コーディネイター

石川葉子(「pray&hopeプロジェクト」主宰・墨田聖書教会伝道師)
依田和子 (久遠キリスト教会伝道師)

●内 容 賛美、証し、メッセージ (石川葉子師)、祈り

●賛 美 久遠キリスト教会賛美チーム有志

●無 料

●参加人数 30名程度
*今回参加される方は「使徒の働き」を通読しておいてください。

●お問い合わせ、申し込み (事前の申し込みが必要です)
「 pray & hope プロジェクト」 (石川葉子) 墨田聖書教会 03-3619-0195  
*久遠キリスト教会には直接の問い合わせをご遠慮ください。

●共催  pray & hope プロジェクト、久遠キリスト教会 



[PR]
by prayandhope | 2008-11-18 23:05 | お知らせ(イベント等)
pray&hopeプロジェクトがめざすもの 
2008年4月に発足したこの活動は、
「友だちプロジェクト」としてスタートしました。
聖書を土台とした関係性を育みながら、
祈ることでつながり、支え合う、
ゆるやかなコミュニティをイメージしています。

人は生きていく中で大小問わず、試練に遭遇します。
人生を再建していくとき、自分の体験した痛みが、
だれかを支える貴重な証しとして用いられることが多くあります。
痛みが痛みで終わらない。
痛みがリサイクルされ、益とされる。
それは自分自身の回復のプロセスのひとつであり、
コミュニティの中でこそ起きるダイナミックな力です。

pray&hopeプロジェクトでは、交わりそのものが、
心の安全地帯となることをめざしています。
また、分かち合いで出会った人同士が、
やがて、ふだんの暮らしの中でも助け合えるように、
友だちとしての関係性を築いていければとも願っています。

*参加者には守秘義務があります。


「わたしはあなたがたのために立てている計画を
 よく知っているからだ。
 主の御告げ。それはわざわいではなくて
 平安を与える計画であり
 あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。
 あなたがたがわたしを呼び求めて歩き
 わたしに祈るなら
 わたしはあなたがに聞こう。」 聖書(エレミヤ書29:11-12)































[PR]
by prayandhope | 2008-11-16 18:36 | めざすもの
pray&hopeプロジェクトの活動内容
pray&hopeプロジェクトでは定期集会を開いています。
女性でしたらどなたでもご参加いただけます。


   ■女性の祈り会(定期集会)
     月に一度の分かち合い(木曜日14:00〜17:00)
     会場:墨田聖書教会(墨田区墨田3-19-4)
     参加費:無料(自由献金)
     
   日程の詳細は、
    墨田聖書教会のブログとフェイスブックでお知らせしています。


内容:
毎回、ひとつのテーマに沿って、聖書のことばに聞き、
身近な問題を分かち合い、祈り合います。
最後にティータイムをゆっくりと持ちます。(自由参加 )

*基本的に予約不要、直接会堂においでください。
 ただし、デリケートな話題を扱うことが多いため、
 初めての方のみ、できるだけ事前のご連絡をお願いしています。

 その場合には、
メールフォームにて、
 ・氏名
 ・所属教会
 ・ご自身の祈りの課題(書ける範囲でどうぞ)
 をお知らせ下さい。
 


    ******************************


    その他の活動

       □講師を招いた学び、祈りのワークショップ

       □音楽療法、コラージュ療法

       □祈りのピクニック

       □外部の女性支援のプロジェクトに参加するツアー等
[PR]
by prayandhope | 2008-11-16 18:30 | pray&hope活動内容
pray&hopeプロジェクトとは 
2008年に発足したpray&hopeプロジェクトについて、
エッセイ『こころのごはん』(いのちのことば社)に書きました。
その文章を下記にご紹介します。



 ふと思いついたように、遠方の友だちから連絡がきます。「会える?」
という誘いとともに、「祈ってるね」ということばをうれしく感じます。
私もだれかのことを思い出す時があります。そんな時には、同じよう
にメールを送ります。「pray&hopeプロジェクト」が目指しているのは、
気負わずにこんなやりとりができるコミュニティです。組織でもカウン
セリングチームでもなく、真ん中に聖書のことばを置き、安心して分
かち合える場をもとうと思って始めました。

 だれか一人でも自分を思ってくれる友だちがいれば、絶望的になる
ことはないと思います。でも、思うだけでは伝わらないこともあります。
聖書はあの分厚い一冊を通して、同じ場に「集まること」を繰り返しす
すめています。大勢である必要はなく、ふたりでも三人でも神の名に
よって集まるところに神がともにいるのだと教えます。
 
 一人ではどうしてよいかわからない時、だれかに話すと頭の中が不
思議と整理され、怒りや嘆きにとらわれているならば、友だちに聞いて
もらううちに、落ち着いてきます。聖書を読むにしても、一人ではなか
なか読めないとよく聞きます。私自身、思い煩いがあったり、日常に忙
しなく追われていると、聖書のことばの上をただ目が滑っていくような
時があります。ところが、だれか一人とでもいっしょに聖書を読み、感じ
たことを話し合えると、そこに書いてあることばが、心に必ず働きかけ
てきます。たとえば、思い込みが取り払われ、大切なことに気づき、癒
しや勇気が与えられるように。音の外れた楽器が、調律によって新鮮
な音色を回復していくようなものだと思います。その場にいる者だけが
体験できる幸福です。

 イエス・キリストは聖書の中で様々な呼び名をもっています。そのひ
とつが「不思議な助言者」です。英語では「グレートカウンセラー」と言
います。偉大で素晴らしいカウンセラーが私たちの真ん中にいて、私
たちの話を傾聴し、聖書を通して最善のアドバイスを語るわけですから、
心に変化が起きるのは当然なのでしょうが。一人で読んでも聖書を理
解しにくいのは、聖書が「ともに」読んで分かち合う性質をもつためかも
しれません。

「pray&hopeプロジェクト」の集まりでは、「ふたりでも三人でも、わた
しの名において集まる所には、わたしもその中にいる」という約束を祈り
に織り交ぜて始めるようにしています。目には見えなくともわたしたちの
最愛の友を、人との関係の中にお迎えしたいと思います。

(『こころのごはん』 宮葉子 いのちのことば社発行より転載)

[PR]
by prayandhope | 2008-11-16 18:20 | pray&hopeとは


カテゴリ
集会ご案内
主宰:石川葉子

女性たちの心の安全地帯
をめざして。
ゆるやかにつながり、
祈り、支え合う、
友だちプロジェクト。

定期集会は、月に一度、木曜日の午後。

日程の問い合わせ
☎03-3619-0195
墨田聖書教会
(石川葉子)

  メールはこちらから
e0165236_21523684.jpg

検索
記事ランキング
ライフログ
その他のジャンル
最新の記事
以前の記事
画像一覧